ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年04月08日

[画像]宮城県南三陸町の防災対策庁舎の人を押し流す津波 +南三陸町津波動画

[画像]宮城県南三陸町の防災対策庁舎の人を押し流す津波+南三陸町津波動画

宮城県南三陸町は津波が襲った後、瓦礫の山で死体の発見が困難になり人口約1万7千人のうち約8千人以上が行方不明のままだと報道がおりましたが、その津波が、南三陸町の防災対策庁舎の人を押し流す津波の画像です。

宮城県南三陸町の防災対策庁舎画像
南三陸町の防災対策庁舎.jpg

大きな揺れの後、津波の来襲と高台への避難をひたすら呼び掛け続けた。津波に押しつぶされた宮城県南三陸町で防災放送の担当職員だった遠藤未希さん(24)。いまだ安否が分からない。「しっかり頑張ったね。でも、何も命を張ってまで…」。いたわりと無念さに揺れる母親。秋に結婚式を控え、準備を進めていた。

 「ないよね」。避難所に張り出された身元不明者、死亡者の特徴を書いた紙を指で追いながら、母親の美恵子さん(53)がつぶやいた。震災から2週間以上が経過し、更新される情報も日に日に少なくなっていく。震災翌日から2日間はがれきの中を歩き続けた。「見つけられなかった。自分たちの手ではどうしようもなかった」。隣に寄り添う父親の清喜さん(56)はうなだれた。

 3階建ての防災対策庁舎は津波にのまれ、赤い鉄筋だけが無残に立ち尽くす。11日、未希さんは2階で放送していた。「6メートルの津波が来ます。避難してください」。冷静で聞き取りやすい呼び掛けが何度も繰り返された。海岸にいた両親にもその声は届いた。

 庁舎に残った職員約30人のうち、助かったのは10人。高台の高校に避難した人からも波にさらわれる職員の姿が見えた。

 未希さんは勤続4年目の昨年4月、危機管理課に配属された。介護の仕事に就くことを考えていたが、両親の希望を聞き入れ、町職員を選んだ。昨年7月に婚姻届を出し、今年9月の披露宴に向け楽しそうに準備していた。景勝地・松島のホテルを早々と予約。昨年12月、初めて衣装合わせをしてみた。「3月にはウエディングドレスの新作が出るの。お母さん一緒に見に行こうね」。そう約束していた。

 美恵子さんは「放送が途中で切れた」と知人に聞かされた。最後の方は声が震えていたという。「放送するのに精いっぱいで、逃げられなかったんだろうね。実際は怖かったと思う。母親の私が守ってあげられなくて。申し訳なくて」

 町は人口約1万7千人。約8千人の所在が分からず、被害の全容はまだ把握できていない。それでも避難所へ逃げた女性(64)は「あの放送でたくさんの人が助かった。町民のために最後まで責任を全うしてくれたのだから」と思いやった。「『ご苦労さま。ありがとう』という言葉をかけてあげたい」と清喜さんは涙ぐんだ。
http://photo.sankei.jp.msn.com/panorama/data/2011/0401minamisanriku-bousai/


宮城県南三陸町の防災対策庁舎
津波が襲い始め屋上に約30名が避難
南三陸町の防災対策庁舎津波前.jpg
↓↓
防災対策庁舎屋上まで津波が被り始め
南三陸町の防災対策庁舎屋上を覆う津波.jpg
↓↓
津波は屋上を覆い人を押し流す。
よじ登っているアンテナは屋上から高さ10m
南三陸町の防災対策庁舎.jpg

残念ながら津波が引いた後、屋上に避難していた30名は10名だけになっていたそうです。
残った人のほとんどはかろうじて残った階段部分の骨組みに必死にしがみついて残った方で、ネットフェンスの方に流された方は、しがみついたフェンスと一緒に、波が引いたら消えていたそうです。

津波とたたかった人


南三陸町津波動画
宮城県南三陸町を襲った津波の映像はTVでも見たことなく少ないですが、この動画は本当に凄い。最初は遠くに見えていた津波が、目の前の街全てを飲み込んでいく様子とおばさんの泣き叫ぶ声が恐ろしすぎる。(全ての津波動画の中で3本の指に入ると思います)
南三陸町を襲った津波の一部始終

本当に恐ろしい。。。

こんなに内陸部なんです。
撮影地点:宮城県本吉郡南三陸町 志津川中学校
三陸町立志津川中学校衛星写真.jpg
三陸町立志津川中学校地図.jpg
撮影地点地図(南三陸町立志津川中学校)google map

地図にある志津川の真ん中を走る気仙沼線が堤防の役目をはたし、線路より内陸側の多くの人が避難する為の時間を稼ぐことに役立ったそうです。


津波から生き残る


追記:5/2
南三陸町防災対策庁舎で最後まで避難を呼びかけていた、防災放送の担当職員だった遠藤未希さん(24)の遺体が見つかったそうです。

遺体の損傷が激しかったそうですが、9月に結婚予定の婚約者から贈られた、オレンジ色のミサンガが左足首に巻かれたままになっており確認したそうです。

---------------------------------------------------------------------------
津波で甚大な被害を受けた宮城県南三陸町で、津波到達の直前まで防災放送で町民に高台への避難を呼び掛け続け、自らは行方不明となっていた同町職員遠藤未希さん(24)とみられる遺体が2日までに、同町の沖合で見つかった。
 母親の美恵子さん(53)によると、遺体は4月23日、捜索隊が発見。昨年7月に結婚した夫(24)がプレゼントしたミサンガが左足首に巻かれ、右肩にあざがあったことなどを、夫が遺体の写真で確認した。
 遠藤さんは、昨年4月に危機管理課に配属。3階建ての防災対策庁舎の2階で地震発生直後から「6メートルの津波が来ます。避難してください」などと防災放送で何度も呼び掛けた。
 庁舎に残った約30人の職員のうち助かったのは10人で、遠藤さんも行方が分からなくなっていた。津波にのまれた庁舎は骨組みだけが残っている。
http://www.sanspo.com/shakai/news/110502/sha1105021140014-n1.htm
--------------------------------------------------------------------------------



津波関連記事
津波に人が飲み込まれてしまう映像画像集

【津波に流される人の動画画像2】津波に流されながら泳ぐ二人(青森県八戸港)映像

宮城県女川町(約3000人犠牲)を襲った怖ろしすぎる津波映像+津波被害動画

宮城県気仙沼を飲み込んだ大津波画像

大津波が家々を…映像動画 岩手+仙台市名取川/東北地方太平洋沖地震

宮城/岩手/青森 県別 地震津波動画・画像

海岸線には多数の水死体か200〜300体

津波で児童の7割 死亡か不明 宮城・石巻 大川小学校 +宮城県石巻津波動画

10mの津波を乗り越える海上保安庁巡視船まつしま(海上保安庁撮影)

福島原発の作業風景 1万倍の濃度の放射能を検出

大震災地震前後の夜間照明の比較画像(米国防気象衛星)

気仙沼沖海上の屋根の上で救出された犬、飼い主の元へ。犬、超ハッスル映像

海外メディアが報じた津波に飲み込まれながらも写真を撮り続けた記者




posted by ポプリン at 22:49 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[画像]海外メディアが撮った原発20Km圏内の画像


[画像]海外メディアが撮った原発20Km圏内の画像

福島第一原発の事故を受けて住民に避難指示などが出されている区域で、空き巣や店舗荒らしなどの犯罪が続いていることが福島県警への取材でわかった。避難者からの要望を受け、県警は3月29日に30人態勢の防犯チームを結成し、原発の半径10〜30キロ圏でパトロールを続けている。

 県警によると、屋内退避が指示されている20〜30キロ圏の住民から、コンビニエンスストアの商品や民家の金品などが盗まれたと複数の被害届が出ている。避難を続ける住民が被害に気付かないケースもあるとみられ、県警は「全体像は把握できていない」としている。

 避難指示が出ている20キロ圏内の楢葉町から避難した男性は震災の約1週間後に自宅に帰り、窓ガラスが割られてタンスや机などの引き出しが物色された跡を見つけた。滞在時間が短く被害品を確認できなかったため、県警には届けていないという。男性は「避難所で、複数の住民から被害を受けたとの話を聞いた。国は避難地域の治安を守ってほしい」と訴える。

 浪江町の自宅を離れて避難生活を送る30代の男性は2日昼に一時帰宅した際、避難指示圏にある量販店の出入り口のガラスが割られているのを見たという。

 屋内退避圏の浪江町津島に住む60代女性も「隣の家から灯油入りのポリタンク七つが盗まれた。地震や原発事故で困っている時期に、ひどい」と嘆く。同じく20〜30キロ圏の南相馬市の実家に避難する女性(25)も「近所の空き家が何軒か泥棒に入られ、テレビなどが盗まれた」と話す。

 この女性はより遠方への避難も考えたが、事故の影響で人通りが少なく、空き巣被害への不安もあって思いとどまっているという。

 県警は10〜30キロ圏で行方不明者を捜索するとともにパトロールを続けている。しかし、10キロ圏内では具体的な情報がない限り、十分な活動ができていないのが実情という。

 20キロ圏内を見回る自衛隊も、活動途中で出会った人に必ず声をかけて警戒するようにしているという。ある隊員は「建物の一部が崩れている民家もあり、侵入は難しくないだろう。警戒を強めたい」と話した。
低線量内部被曝の脅威


[画像]海外メディアが撮った原発20Km圏内の画像

まさにゴーストタウン化
原発20km圏内1.jpg

原発20km圏内2.jpg

生活していたままの状態
原発20km圏内3.jpg

地面がひび割れしてます。津波で泥が流入し乾燥したのでしょうか。
原発20km圏内4.jpg

原発20km圏内5.jpg

時計が地震発生時刻で止まっています。
原発20km圏内6.jpg

原発20km圏内7.jpg

馬の死体。泥が付いていますので津波にやられたのでしょうか。
奥の馬は生きているみたい。餌は誰かが上げているのでしょうか。
原発20km圏内8.jpg

手前の生きている馬は誰か面倒見てあげれているのでしょうか。
原発20km圏内9.jpg

泥をかぶった畑の中を歩く防護服の人
原発20km圏内10.jpg
http://photo.eastday.com/slideshow/20110407_8/index.html



原発20kmの退避指示圏内は犬や猫、その他家畜などがたくさん彷徨っているらしいです。
原発避難区域は犬や牛の群れが闊歩する無法地帯に


汚染地帯からの報告


posted by ポプリン at 20:55 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【速報】六ヶ所村 外部電源遮断



【速報】六ヶ所村 外部電源遮断 

経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、青森、岩手、秋田の全域、それに宮城の一部と山形の一部で停電をしているものの、青森県から茨城県にかけての太平洋側にある原子力関連施設に午前0時15分現在、異常はないということです。

青森県六ヶ所村の再処理工場では外部電源が遮断され、非常用のディーゼル発電機で電気の供給が行われているということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110408/t10015171671000.html


六カ所外部電源遮断→ディーゼル発電で冷却

東通り原発→外部電源遮断。ディーゼル発電で冷却

女川→3系統のうち2系統遮断。1系統で運転中。

間違いだらけの原子力・再処理問題



六カ所村再処理工場で事故が起ったら

再処理工場は有機溶媒をたくさん使うため、火災事故や爆発事故がおきやすいことは上で述べました。そして、一旦事故が起きると、原子力発電所の事故と比べて集まった放射性物質の量が格段に多いため、被害の大きさも比較にならないほど大きくなる可能性があります。六ヶ所で過酷事故が起きれば、チェルノブイリ事故を越えた地球規模の汚染が起きるでしょう。
http://www.nuketext.org/recycle.html

六ヶ所.gif
ここの電源供給が断たれて、一大事にでもなったら、福島原発とは比べられないほどの問題になったりしないのだろうか?
わずか1%漏れるだけで関東まで急性障害がでる程の被害が及ぶみたいだし、爆発でもしたら地球壊滅するじゃねぇかな。

実は同じような事故が過去にあった。
1980年人類絶滅寸前の事故があった − ラ・アーグ再処理工場事故 その2
http://www.asyura2.com/09/genpatu6/msg/283.html

しかも、六ヶ所村の日本原燃株式会社のトップは
取締役会長 清水 正孝(東電社長)
オワッタ・・・
http://www.jnfl.co.jp/jnfl/company.html



日本政府や原発推進派(動燃)が作った、
頼れる仲間プルト君−−プルトニウム物語
『プルトニウムは食べても大丈夫!!』



posted by ポプリン at 07:37 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[動画]斉藤和義 自身の曲を『ずっとウソだった』と替え歌し東京電力と政府批判

斉藤和義 自身の曲を『ずっとウソだった』と替え歌し東京電力と政府批判


斉藤和義が、原発問題と政府にの対応に対する批判を、自身のシングル曲『ずっと好きだった』を替え歌し『ずっとウソだった』として歌っている動画映像をアップロードした。

初めにYouTubeにアップされた動画が話題になり、拡散し始めたが、レコード会社のビクターの要請で削除され始め、次々と再アップされた動画も次々と削除されまくっている。

斉藤和義『ずっとウソだった』


予備





ずっと好きだった


これ最高





[UFO動画]震災発生後3月26日福島上空に浮かぶUFO映像+原発爆発映像に映るUFO映像


posted by ポプリン at 02:16 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[UFO動画]震災発生後3月26日福島上空に浮かぶUFO映像+原発爆発映像に映るUFO映像

[UFO動画]震災発生後3月26日福島上空に浮かぶUFO映像+原発爆発映像に映るUFO映像

震災発生後3月26日福島上空に浮かぶUFO映像

日本の福島で3月26日(土)に撮影された、UFOと思われる映像です。
皆さんはこの映像、どう思いますか?
もし、もっと情報があったら、コメント残してください。とのことです。

Alegedly, this daytime video of UFO fleet was recorded in Fukushima, Japan on Saturday, 26th March 2011.
What do you think of this footage? Do you have any more info about it? Please leave a comments below!
http://www.latest-ufo-sightings.net/2011/03/daytime-video-of-ufo-fleet-over.html
Fukushima UFO.png
この動画が本当に福島で撮られたのか、またいつ撮られた物なのかは、全く解りませんが、映像の最初に映る建物からは、日本で撮られた物であることは確かなようですね。



世界のUFO現象FILE


原発爆発映像に映るUFO映像

こちらは原発が水素爆発した際に映りこんだUFO動画です。
こちらの方が最初ビビリました。
(動画の最初30秒はウザイので0:30から観た方がいいです。)


上記以外にも津波の映像の中にもUFOが飛ぶ映像や写真などもたくさんあります。
地震が起こる1が月前あたりからたくさんのUFO動画などがUPされています。
下の記事にもいくつか纏めてますので、ご覧ください。

震災UFO関連記事
東北地方太平洋沖地震直前・直後に現れたUFOの動画や画像 富士山や津波の中に!

[UFO動画3]NHKの原発映像に映る巨大UFO映像

[UFO動画]噴火した桜島上空を行交うUFOと海上で激しく発光する飛行物体映像

【UFO動画あり】東京新宿の上空でUFOの大軍が出現映像 5/8撮影

日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密

UFO特務機関「MIB」の謎


posted by ポプリン at 01:12 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。