ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年04月16日

[地獄画像]被災地、室内猫ペットの共食い死骸死体だらけ。生存率10%

[地獄画像]被災地、室内猫共食いの死骸だらけ。生存率10%

立ち入り禁止・非難区域は、住民は避難していますが、非難時にペットの同伴は許可されず、家に取り残されたままになっています。

かなりの衝撃画像です。ペットたちの本当に悲惨な状況が映し出されていますので、見る見ないは自己責任で。
衰弱してフラフラの犬
救済犬 .jpg

立てないほどの犬を保護したら、もう車にのせて連れ帰れる犬の数はわずか。
救済犬2.jpg

犬猫救済の輪の主な活動は「猫」の救済
要請のあった室内に取り残されている猫達を救うために、
飼い主の了解をとりガラスを割って窓から入る。

※以下閲覧注意
食べられて頭だけ残した魚の骨のような姿になった猫

共食いされた猫

仲良く暮らした家族と家族の一員であった可愛がられていたペットたち

遺体はできる限り布に包み、段ボールに収め連れ帰って、合同葬


最後まで保護できなかったときは、約1か月分のフード(猫ドライなら6キロ)と水を洗面器にいくつも置いてきます。状況によっては窓や玄関を開けたままにして外にもエサを沢山置きます。路上に、「猫○匹がいます。エサ、水お願いします。」と目立つように貼ります。

水とフードをとにかく沢山置く

天使になったペットたち 犬編

-------------------------------------------------------------------------------
現地は地獄図です。
横浜アニマルファミリーではこの度、松本龍環境大臣に、被災地特に立ち入り禁止区域に取り残されている犬猫の救出をお願いするメールを出しています。
本日、横浜アニマルファミリーは福島に向けて出発しますが、すでに現地入りしている他団体からの情報では、屋内に取り残されている猫達は『共食い』『餓死』している。犬はよろよろと歩いているといったまさに地獄図とのことです。
民間の団体や個人ではどうにも追いつかない状況です。国に一刻も早く手を差し伸べていただきたいと思います。
横浜アニマルファミリーが環境大臣宛てに送信した文面は次の通りです。
どうか、皆様も環境大臣にお願いしていただけませんでしょうか。
『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー
--------------------------------------------------------------------------------------

室内犬は野生が喪失しているが、猫は非常時には野生が戻るので、生きる為に。


東電の拠点になっているJビレッジで保護された犬
犬Jビレッジ.jpg
何も食べなかったそうです。
原発事故から1ヶ月Jビレッジにずっと居ました。

犬2.jpg
コロンちゃん、背中に大きな傷を負っていました。
数ヶ所に犬歯の跡があり。共食いか。とにかく襲われたのでしょう。


犬3.jpg
今現在、飼い主の元に戻り、病院で治療して元気になって来たそうです。

被災地20Km避難区域のペットの様子
被災地20km避難区域犬.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/251.jpg
被災地20km避難区域犬2.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/674.jpg
被災地20km避難区域犬3.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/660.jpg
被災地20km避難区域犬4.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/675.jpg
どの子も人を見るとホッとした顔をするそうです。

すべての子達は、リードから放されていますが、飼い主の帰りをまって、どこにも行かずその場を動こうとしないそうです。
自分の命を削ってでも、ずっとずっと飼い主さんの帰りを待ち続けているんですね。


被災地20Km避難区域の家畜の様子
柵から放されている牛達は、なんとか生きながらえているようです。
策の中で餓死してしまっている牛も沢山いるそうです。
今後、こういった家畜の死骸などから伝染病などの問題も発生することも考えられますので、早く政府がなんらの対策をしないととんでもない事になっていくでしょう。
被災地20km避難区域家畜.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/227.jpg
被災地20km避難区域家畜2.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/306.jpg
被災地20km避難区域家畜3.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/314.jpg
被災地20km避難区域家畜4.jpg
http://blog-imgs-17-origin.fc2.com/t/e/a/teamangels/313.jpg

動物愛護団体「エンジェルズ」


ペットたちは死後も生きている


関連記事
避難区域の家畜の様子など
[画像]海外メディアが撮った原発20Km圏内の画像


【被災したペットの安否確認サービス】

被災したことにより、泣く泣くペットと離れ離れになってしまった人のために、GoogleのPersonal Finderを活用した、ペットの安否確認できるサービスが登場しました。

実はこのサービス、ネット上で署名を呼びかけた末に、ある企業がその声に賛同し、制作を手がけたそうです。
pet Finder.jpg
【被災したペットの安否確認サービス】




posted by ポプリン at 15:18 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[画像]海外メディアが報じた津波に飲み込まれながらも写真を撮り続けた記者

[画像]海外メディアが報じた津波に飲み込まれながらも写真を撮り続けた記者

日本人記者の千葉東也は、地震により被災した釜石港の状況を調査し記事を書くように勤務先の新聞社に言われていた。
そして、彼はこの仕事がいつものようには行かないだろうと事務所で考えていた。

しかし、この勇敢な記者も取材するつもりだった津波がこんなにも自分に迫ってくるとは考えもしてはいなかった。

向かいのビルのCCTV cameraから撮られた、この信じられない連続写真は、東也が突然荒れ狂う海の中から奇跡的に脱出する様子を映していた。

津波記者.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-1376914-0BA0777600000578-271_964x622.jpg
津波に流されながらも、千葉東也記者は自分の仕事にこだわり、津波の写真を撮り続けた。

岩手東海新聞の東也記者が、お渡り大渡川河口の写真を撮っていた時、何の警告もなしに津波は全てを押し流してしまった。

始め、東也は電話ボックス(写真の中の伊藤園の自動販売機と思われる)に必死にしがみついていたが、それも流されてしまい、完全に自力でどうにかするしかなくなってしまった。

クラッシュした車の間で何とか逃げようとしていたが、水位は増してしまう。

驚いたことに、激流に首まで浸かりながらも、彼のプロ魂は彼にカメラを目線まで持ち上げさせ、写真を撮り続けた。
津波記者2.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0777600000578-652_470x330.jpg
津波記者3.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-1376914-0BA0777600000578-50_470x330.jpg
津波記者4.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0777600000578-457_470x324.jpg
津波記者5.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0777600000578-47_470x322.jpg
信じられないことに彼は、30mほど流された後、2〜3箇所の小さな切り傷とアザだけで生き延びたのだ。

津波とたたかった人

残念なことに彼のカメラは水没し彼の努力は無駄になった。
津波しゃくれ記者.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0785800000578-665_964x788.jpg
私は生き残った:幸運な記者・千葉東也がすばらしい脱出劇を振り返って。
dailymail

津波から生き残る


このことについて別の記事
津波から奇跡の生還 釜石・地元紙記者------------------------------

岩手県釜石市の釜石港近くで、地元紙・岩手東海新聞社の記者だった千葉東也さん(36)が津波にのみ込まれる場面を、国土交通省釜石港湾事務所職員が撮影していた。千葉さんは奇跡的にすり傷や打撲だけで生還した。

 地震発生後、千葉さんは港湾事務所の近くを流れる大渡川の河口へ取材に行った。写真を何枚か撮った直後、正面から津波が押し寄せ、濁流にのまれた。「時間が止まったような感じ」で、不思議と恐怖感はあまりなかったという。

 30メートルほど流され、山積みされた石炭の斜面に体が引っ掛かって、ようやく水面に顔を出せた。上から延びていたロープをつかみ、高さ約8メートルの石炭の山の上まではい上がって、助かった。

 釜石港湾事務所の屋上から写真撮影した佐々木正一企画調整課長は「記録のために撮影していた。(千葉さんに気付いた段階で)既に助けに行ける状況ではなかったが、無事だと分かってほっとした」と話した。

 岩手東海新聞社は今回の震災で従業員19人のうち、宮古支局長(64)ら2人を失った。輪転機は水没し新聞を発行できる見通しは立たない。同社は3月下旬に従業員全員に解雇を言い渡し、現在は休業状態だ。
河北新報社
------------------------------------------------------------------------
無事に生還できたのは、本当に強運だと思う。
釜石は同じように車などで流されて死んでしまった方が大変たくさんいる中で、この人はたまたま体が石炭の山に引っかかり、たまたま8mのロープが目の前に垂れていたから助かったわけで。

流されている途中で流されてきたものに体がぶつかり、打撲などによって死亡する人も多いというのに、神様の計らいなのか。




posted by ポプリン at 01:42 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。