ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年06月10日

プルトニウム(放射能)が、60数年後も体内で放射線を発している内部被曝の証拠撮影

プルトニウム(放射能)が、60数年後も体内で放射線を発している内部被曝の証拠撮影

被曝から60年以上経った、今でもなお、骨や腎臓の細胞から放射線を出し続けている様子

長崎で被曝した人の細胞から出ている「2本の黒い線」=放射能
骨や腎臓の細胞から放射線を出し続けている様子.jpg


細胞から伸びる2本の黒い線が放射線だ。
 被爆者は一般に強い放射線を浴びたことによる外部被爆が問題とされる。
 今回、放射性物質を体内に取り込んだことによる内部被曝もまた、確実に起きていることが明らかにされた。

 研究グループは、すでに死亡した7人の被曝者について大学に保管されていた組織を特殊な方法で撮影。
 その結果、「死の灰」が細胞の中で出す放射線を黒い線として映し出すことに成功。

 被曝から60年以上もたった今もなお、骨や腎臓などの細胞の中で放射線を出し続けている様子をとらえたのは世界初だ。

 さらに重大なのは、放射線の分析からこの「死の灰」の成分が原爆の原料であるプルトニウムであると確認されたことだ。
 半減期が何万年にも及ぶプルトニウムを環境中に放出することがどれほど危険なのかを物語っている。

内部被曝は長い間少しずつ体を傷つけている.jpg

"死の灰"の放射線 世界初の確認



プルトニウムの半減期=24,000年

内部被曝によって、体内に蓄積された放射性物質は、永遠に貴方の体を少しずつ、破壊していく

一回の被曝によって遺伝子に傷.jpg

遺伝子に傷.jpg

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録

原爆から60年、今なお、多くの人間を苦しめている現実と、今回の事故により多くの国民を危険に晒し続けている現実を無視して、まだ新たな原発を造ろうとしている政治家どもに心はないのか?
赤矢印.gif早くも新しい利権に群がり始めた議員たち「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」
posted by ポプリン at 19:16 | Comment(1) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島市内の保育園や公園の地表面から、最高で毎時45.1マイクロシーベルトの高放射線量 グリーンピース調査


福島市内の保育園や公園の地表面から、最高で毎時45.1マイクロシーベルトの高放射線量 グリーンピース調査


環境NGO「グリーンピース」は9日、福島市内の保育園や公園の地表面から、最高で毎時45.1マイクロシーベルトの放射線量を検出したと発表した。

 測定は7日に行った。この結果、ある中学校では倉庫の雨どい下の地表面の放射線量が、毎時45.1マイクロシーベルトだった。保育園入り口近くの道路わきで毎時35マイクロシーベルト、公園のトイレそばでも9.5マイクロシーベルトを記録したという。 文部科学省が定めた校庭利用の基準では、地表から0.5〜1メートルの線量が年間で20ミリシーベルト、1時間当たりで3.8マイクロシーベルト以内とするよう定めている。

 クミ・ナイドゥ事務局長らは「政府は、放射線量の高い地域に住む子どもや妊婦らをすみやかに避難させる必要がある」と訴えた。



中学校では倉庫の雨どい下  毎時45.1マイクロシーベルト
保育園入り口近くの道路わき 毎時35マイクロシーベルト
公園のトイレそば       毎時9.5マイクロシーベルト

単純に考えて45.1μSv/時間×24時間×365日=395076μSV/y=395ミリシーベルト/年


な☆の☆に

6/6福島県は、公園安全宣言
http://www.pref.fukushima.jp/j/monitaring.kouen0603.pdf


し☆か☆も

問題になってる
年間で20ミリシーベルト基準に照らし合わせてま〜す
☆(ゝω・)vキャピ

文部科学省 校庭利用基準 地表から0.5〜1メートルの線量
年間で20ミリシーベルト
1時間当たりで3.8マイクロシーベルト以内

つ☆ま☆り
こういうkと2.jpg

年間で20ミリシーベルトでさえ異常な値であるのに、その値でさえ大幅に超えている

今まで、明らかに放射線値が低いところだけ発表していたことが明白になった。
散々データ隠蔽、改変しているという事実が、白日の下に晒されることを願う。

命に関わることを、だまし続ける事は、罪ではないのか?
赤矢印.gif福島市中心地で約100ミリシーベルト/時の放射線 福島市以外でも続々基準値超え
赤矢印.gif福島市内で100万ベクレル超える放射能ホットスポットデータ隠蔽
赤矢印.gif福島県民被曝総調査の座長は、「放射能は浴びても心配ない」連呼の山下俊一教授【御用学者】

子どもたちを放射能から守るために子どもたちを放射能から守るために
菅谷昭

亜紀書房 2011-05-31
売り上げランキング : 186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by ポプリン at 04:59 | Comment(1) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。