ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年03月16日

放射能人体への影響/各地の放射線量(東京・埼玉・神奈川・茨城・栃木)


放射能人体への影響/各地の放射線量(東京埼玉神奈川茨城栃木)

埼玉県さいたま市
1・222マイクロ・シーベルト/h(午前11時)=通常の20〜38倍

宇都宮市
1・318マイクロ・シーベルト/h(午前10時)=通常の30倍

神奈川県横須賀市
0・161〜0・257マイクロ・シーベルト/h(午前5時半ごろ)=3〜8倍

茨城県北茨城市
5マイクロ・シーベルト/h(午前5時50分)=通常時の約100倍

東京都
0・809マイクロシーベルト/h(10時過ぎ)=通常の20倍以上
放射能で首都圏消滅


放射能免疫破壊


放射線放射能人体への影響

健康被害が出るのは一度に100ミリシーベルトの放射線を全身に浴びた場合。500ミリシーベルトで血中のリンパ球が減少し、7000ミリシーベルト以上で100%の人が死に至るとされる。

人間の生殖機能に与える影響は、男性の場合、150ミリシーベルトで一時的に精子の数が減少し、3500ミリシーベルトで精子がつくられなくなる。女性の場合は3000ミリシーベルトで不妊になる可能性がある。


福島第一原発(福島県)から90キロ以上離れた茨城県北茨城市をはじめ、宇都宮市や神奈川県横須賀市などで15日午前、通常時の100〜3倍の放射線量が確認された。

 茨城県によると、北茨城市役所の放射線監視装置で午前5時50分、原子力災害対策特別措置法の基準値に定められた毎時5マイクロ・シーベルトを超える5・575マイクロ・シーベルトの放射線量を確認した。通常時の約100倍で、県は同原発の影響とみている。ただ、胸部レントゲンの10分の1程度の量で、健康に影響はないという。

 同県東海村の東京大大学院の研究施設敷地や、日本原子力研究開発機構核燃料サイクル工学研究所敷地内でも5マイクロ・シーベルトを超える放射線量が観測された。


 埼玉県は、さいたま市内で観測している大気中の放射線量について、1時間当たりの平均値が午前11時の時点で通常の20〜38倍となる1・222マイクロ・シーベルトに達したと明らかにした。正午時点では0・201マイクロ・シーベルトで、人体への影響はないレベルだとしている。

一般の人が日常生活で受ける自然放射線の量は1年間で1〜2ミリシーベルト。
健康診断で受ける胸のレントゲン撮影は一回で0・05ミリシーベルト程度という。


 宇都宮市内の保健環境センターでは午前10時の時点で、放射線量が通常の30倍にあたる1・318マイクロ・シーベルトに急増した。また、神奈川県横須賀市では午前5時半ごろ、市内10か所の監視装置が通常の3〜8倍の毎時0・161〜0・257マイクロ・シーベルトを観測した。この日は朝、北風が吹き、市危機管理課は「福島から風で運ばれたのだろう」とみている。

埼玉県さいたま市
1・222マイクロ・シーベルト/h(午前11時)=通常の20〜38倍

宇都宮市
1・318マイクロ・シーベルト/h(午前10時)=通常の30倍

神奈川県横須賀市
0・161〜0・257マイクロ・シーベルト/h(午前5時半ごろ)=3〜8倍

茨城県北茨城市
5マイクロ・シーベルト/h(午前5時50分)=通常時の約100倍

東京都
0・809マイクロシーベルト/h(10時過ぎ)=通常の20倍以上

この程度の放射線では、人体に影響は全くないそうです。
「ただちには」・・・

最新放射能関連記事
放射線量と水道水の影響 東京/埼玉/神奈川/千葉/茨城





【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 01:20 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 我RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。