ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年04月12日

13日・14日・15日放射性物質(放射能)飛散拡散予測予報 東京/埼玉/千葉/神奈川/栃木/群馬/茨城/愛知/全国


13日・14日・15日放射性物質(放射能)飛散拡散予測予報 東京/埼玉/千葉/神奈川/栃木/群馬/茨城/愛知/全国

4/13.4/14.4/15は日本全体北西からの風により、放射性物質(放射能)は太平洋へと流れていくようです。ただ関東の東よりの地域では放射線が飛散することもあるようです。九州,四国,関西,中国四国,中部は放射能の放射線飛散拡散は少なく、東北地方は宮城以北は大丈夫そうです。

福島県浪江町の一部で、事故発生から1年間の積算被曝(ひばく)放射線量が300ミリシーベルトを超えるとの推計を明らかになりました。1年以内の許容積算被曝線量は20ミリシーベルトですので、15倍です。

政府は、重大なことはいつも後出しです。

隠された被曝

-------------------------------------------
フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は12日までに、福島第1原発事故で放出された放射性物質による1年間の推定積算被ばく量を示す地図を公表した。それによると、原発から30キロ圏外にある福島県飯館村や川俣町の一部で30ミリシーベルトを超える恐れがあることが分かった。

 米エネルギー省が3月30日から4月3日にかけて観測した結果を基に計算した。

 IRSNによると、積算被ばく量の多い地域は米エネルギー省の観測と同様、福島原発から北西地域に帯状に延び、30キロ圏外の2カ所で30ミリシーベルト超となった。

 IRSNは、放射性物質の広がる範囲について原発からの距離だけではなく、風向きや降水、降雪の影響を受けると指摘。今後もデータ収集に努め、より正確な推定地図を作る意向を示している。
----------------------------------------------

画像をクリックで
4/13.14.15 放射性物質(放射能)飛散拡散予測予報始まります。
fukuimg2.jpg
4/13.14.15 放射性物質(放射能)飛散拡散予測予報

低線量内部被曝の脅威


直近の放射線実測値などはこちら↓
関連記事
関東各地の放射能線量を可視化したサイト

福島第一原発からの距離測定してくれるサイトと日本各地の放射線量を纏めてくれているサイトの紹介

放射能・放射線関連公式サイト群紹介
放射線量と水道水の影響

汚染地帯からの報告






【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 20:44 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 我RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。