ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年04月16日

[画像]海外メディアが報じた津波に飲み込まれながらも写真を撮り続けた記者

[画像]海外メディアが報じた津波に飲み込まれながらも写真を撮り続けた記者

日本人記者の千葉東也は、地震により被災した釜石港の状況を調査し記事を書くように勤務先の新聞社に言われていた。
そして、彼はこの仕事がいつものようには行かないだろうと事務所で考えていた。

しかし、この勇敢な記者も取材するつもりだった津波がこんなにも自分に迫ってくるとは考えもしてはいなかった。

向かいのビルのCCTV cameraから撮られた、この信じられない連続写真は、東也が突然荒れ狂う海の中から奇跡的に脱出する様子を映していた。

津波記者.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-1376914-0BA0777600000578-271_964x622.jpg
津波に流されながらも、千葉東也記者は自分の仕事にこだわり、津波の写真を撮り続けた。

岩手東海新聞の東也記者が、お渡り大渡川河口の写真を撮っていた時、何の警告もなしに津波は全てを押し流してしまった。

始め、東也は電話ボックス(写真の中の伊藤園の自動販売機と思われる)に必死にしがみついていたが、それも流されてしまい、完全に自力でどうにかするしかなくなってしまった。

クラッシュした車の間で何とか逃げようとしていたが、水位は増してしまう。

驚いたことに、激流に首まで浸かりながらも、彼のプロ魂は彼にカメラを目線まで持ち上げさせ、写真を撮り続けた。
津波記者2.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0777600000578-652_470x330.jpg
津波記者3.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-1376914-0BA0777600000578-50_470x330.jpg
津波記者4.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0777600000578-457_470x324.jpg
津波記者5.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0777600000578-47_470x322.jpg
信じられないことに彼は、30mほど流された後、2〜3箇所の小さな切り傷とアザだけで生き延びたのだ。

津波とたたかった人

残念なことに彼のカメラは水没し彼の努力は無駄になった。
津波しゃくれ記者.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2011/04/14/article-0-0BA0785800000578-665_964x788.jpg
私は生き残った:幸運な記者・千葉東也がすばらしい脱出劇を振り返って。
dailymail

津波から生き残る


このことについて別の記事
津波から奇跡の生還 釜石・地元紙記者------------------------------

岩手県釜石市の釜石港近くで、地元紙・岩手東海新聞社の記者だった千葉東也さん(36)が津波にのみ込まれる場面を、国土交通省釜石港湾事務所職員が撮影していた。千葉さんは奇跡的にすり傷や打撲だけで生還した。

 地震発生後、千葉さんは港湾事務所の近くを流れる大渡川の河口へ取材に行った。写真を何枚か撮った直後、正面から津波が押し寄せ、濁流にのまれた。「時間が止まったような感じ」で、不思議と恐怖感はあまりなかったという。

 30メートルほど流され、山積みされた石炭の斜面に体が引っ掛かって、ようやく水面に顔を出せた。上から延びていたロープをつかみ、高さ約8メートルの石炭の山の上まではい上がって、助かった。

 釜石港湾事務所の屋上から写真撮影した佐々木正一企画調整課長は「記録のために撮影していた。(千葉さんに気付いた段階で)既に助けに行ける状況ではなかったが、無事だと分かってほっとした」と話した。

 岩手東海新聞社は今回の震災で従業員19人のうち、宮古支局長(64)ら2人を失った。輪転機は水没し新聞を発行できる見通しは立たない。同社は3月下旬に従業員全員に解雇を言い渡し、現在は休業状態だ。
河北新報社
------------------------------------------------------------------------
無事に生還できたのは、本当に強運だと思う。
釜石は同じように車などで流されて死んでしまった方が大変たくさんいる中で、この人はたまたま体が石炭の山に引っかかり、たまたま8mのロープが目の前に垂れていたから助かったわけで。

流されている途中で流されてきたものに体がぶつかり、打撲などによって死亡する人も多いというのに、神様の計らいなのか。






【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 01:42 | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。