ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年06月01日

【山形も死の街】山形大学屋上で50万ベクレル/kgの放射性セシウムを検出【放射能汚染】

【山形も死の街】山形大学屋上で50万ベクレル/kgの放射性セシウムを検出【超高濃度放射能汚染】



放射性物質、局所で高濃度の危険性
2011年05月31日

 ▽ 県議会委で山形大・岩田教授
 「農用地も危険箇所の作付けやめて」提言
 県議会東日本大震災対策特別委員会は30日の小委員会で、飛散した放射性物質の県内への影響について、専門家から意見を聴いた。山形大理学部の岩田高広教授は「通常生活に問題のないレベル」としつつ、「排水口の汚泥など、放射性物質が雨水などに流されてたまる局所で高濃度になる危険性がある」と指摘した。
 岩田教授は、山形市の大学屋上の排水口周辺のほこりから1キロあたり50万ベクレルの放射性セシウムを検出したと報告。福島県の下水処理場の汚泥から検出された数値と同程度で、「農用地でも高濃度に汚染された土壌が生まれる可能性は否定できない。風評被害を避けるためにも、危険箇所を探し、作付けしないなどの対策が必要」と提言した。
 その一方で、原発事故後に県内で測定された大気や土壌、農産物の放射能濃度は極めて低いとし、「子どもを含め通常の生活を送っても問題はない。土壌汚染も作付け制限をするほどではない」と述べた。
 同委員会は今後、県民生活・県内経済の正常化と放射能対策▽被災地・被災者への支援▽防災機能強化や東北復興に向けた県の役割――の三つのテーマで審議し、6月定例会で提言をまとめることにしている
http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000001105310001


福島第一原発から山形大学までは、約110Km
福島第一原発to山形大.jpg

今回のサンプリングが、地表何センチまでのサンプルかは解りませんが、
「大学屋上の排水口周辺のほこりから」となってますので、1cmとして
(1Bq/kg=13Bq/m2)
500000ベクレル×13=6500000Bq/m2
これをチェルノブイリの基準に合わせると、175Ci/km2
※1Ci(キュリー)=37000MBq(MBqは百万ベクレル)

175Ci/km2・・・・(゚ロ゚;)エェッ!?

<チェルノブイリ>
第一区分(強制移住エリア):15Ci以上/km2
第二区分(補償つき任意移住エリア):5-15Ci/km2
第三区分(放射線管理エリア):1-5Ci/km2


チェルノブイリ600km圏内分布.gif
チェルノブイリ30km圏内.gif


“岩田高広教授は「通常生活に問題のないレベル」とし
(゚ロ゚;)エェッ!?

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

何か間違ってるのかな???これってメチャメチャにヤバイよね?
なんでテレビで報道してないの?
(゚ロ゚;)エェッ!?

放射能汚染の現実を超えて



福島第一原発からの距離測定してくれるサイト
今、住んでいる場所や家族親戚が住む場所が福島原発から何キロ離れているのかって、スゴク気になると思います。
そんな思いに答えてくれるのが以下のサイトです。
東京電力福島原子力発電所からの距離を測れるサイト

子どもたちを放射能から守るために


【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 18:32 | Comment(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。