ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年06月06日

【画像】チェルノブイリでも日本でも子どもを苦しめ続ける日本の研究者・御用学者【放射能被曝】

【マンガ】チェルノブイリでも日本でも子どもを苦しめ続ける日本の研究者
毒医.jpg
チェルノブイリから25年.jpg

日本でもチェルノブイリと同じ過ちが繰り返されている
いつも、割を食うのは弱い、子どもや女性です。

ちなみに
1ページ目に出てくる「日本のヒロシマのえら〜い医師」ってのは

当時、IAEA事故調査委員長を務めた、重松逸造

放射線影響研究所の理事長を務めた経験を持つ、超御用学者である。


当時、IAEA事故調査で、委員長として現地に行って調査をし、調査結果から安全宣言をした

実は、汚染がひどい地域には行かず、安全な地域でだけ調査し、
しかもわざわざ、遠くから食料を持参して、現地のものを口にせずに、それでいて安全宣言をした。


マンガの通り、IAEAが安全したことで、地域の住民は信じ、安心して生活を続け、結果、爆発的に小児甲状腺癌が増え、多くの大人も障害を持つことになった。

まさに「極悪人」です。

【原発事故】安全宣言のカラクリ そして子供になにが起きたか追跡


これから、数年後、「因果関係がない」という「魔法の言葉」で多くのことが葬り去られるでしょう。

子どもは、自分で守ってね。
放射能から子どもを守る 2011年 06月号 [雑誌]放射能から子どもを守る 2011年 06月号 [雑誌]

キラジェンヌ 2011-05-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 16:53 | Comment(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。