ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年06月09日

【放射能汚染】原発から62キロの福島市でもストロンチウム 福島11地点で検出


【放射能汚染】原発から62キロの福島市でもストロンチウム 福島11地点で検出

福島11地点でストロンチウム 原発から60キロでも福島第一原発と福島市.jpg
文部科学省は8日、放射性ストロンチウムが東京電力福島第一原子力発電所から62キロ離れた福島市など、福島県内11カ所の土壌で新たに検出されたことを明らかにした。放射性セシウムが検出されたところでは、微量に見つかるとされており、それが証明された形だ。放射性ストロンチウムには半減期が長いものがあって、体に入ると長期間影響を及ぼす可能性があり、監視が必要だ。

 検出されたのは4月10日〜5月19日に採取された土壌。福島市では半減期約29年と長いストロンチウム90が1キロあたり77ベクレル、半減期約50日と短いストロンチウム89が54ベクレル検出された。

 最も多かったのは浪江町赤宇木で、それぞれ250ベクレルと1500ベクレル。北西部に36キロ離れた飯舘村では120ベクレルと1100ベクレルで、これまでに20キロ圏内で検出されていた値よりも高かった。ほかに田村市、広野町、川内村、南相馬市、二本松市でもストロンチウムが検出された。文科省は採取した土壌をさらに細かく分析するという。

文部科学省発表データ ストロンチウムはSr
土壌モニタリングの測定結果(平成23年5月31日までの測定結果) (PDF:182KB)



ストロンチウムの危険性
ストロンチウムは、カルシウムと似た性質があるため、体内に入ると骨などに蓄積されます。
ガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続け、骨のがんや白血病を引き起こす恐れがあると考えられており、野菜などが取り込んだものや、牧草を経て牛乳に含まれたものが体内に入ることもあるという。
↓↓↓

炉心溶融で漏出する物質―危険なのはヨウ素、ストロンチウム
http://jp.wsj.com/Japan/node_198389/?tid=tohoku
放射性同位体ストロンチウム90の半減期は29.1年。化学的にはカルシウムのような動きをするため、骨や歯に蓄積しがちだ。

 たとえばチェルノブイリ原発事故では、大量のストロンチウム90が環境中に漏出し、当時のソ連、欧州北部、その他地域に堆積した。

 ストロンチウム90は主に食品や水を通じて体内に入る。摂取すると骨の癌や白血病の原因となるといわれている。



しかも、

放射性ストロンチウムによる内部被ばくの量をつかむことはむずかしいです。γ線は、体の外まで透過しますから、透過線量を測ることで、内部被ばくの程度を把握できます。しかし、β線は、体内で止まってしまうため、身体の外から測定することが困難です

よって、
「因果関係がない」という「魔法の言葉」で多くのことが葬り去られるでしょう。

簡単操作で高性能 デジタル放射能測定器 米国製DoseRAE2 PRM-1200 パソコンに接続可能で使いやすく高性能 食品や身の回りの放射線量はご自身で確認する時代です。【日本語説明書・1年間保証】簡単操作で高性能 デジタル放射能測定器 米国製DoseRAE2 PRM-1200 パソコンに接続可能で使いやすく高性能 食品や身の回りの放射線量はご自身で確認する時代です。【日本語説明書・1年間保証】

アイラボファクトリー
売り上げランキング : 229

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 04:08 | Comment(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。