ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年06月09日

【放射能被曝】政府は当初から小児ガンの激増を想定していた


【放射能被曝】政府は当初から小児ガンの激増を想定していた


小児がん“拠点病院整備すべき”

子どもが亡くなる病気で最も多い小児がんの医療態勢について話し合う国の専門委員会は、治療成績を向上させ長期的な診療体制を築くために「患者を集めて専門的な治療を行う拠点病院を整備すべきだ」という意見をまとめました。

この専門委員会は、来年から始まる国の新たながん対策の基本計画を作成するため、対策が遅れている小児がんの医療態勢を話し合うもので、8日は医師や患者家族などの専門委員ら10人が出席しました。小児がんは、子どもが亡くなる病気で最も多いにもかかわらず、全国各地の医療機関で治療レベルに大きな差があると指摘され、治療成績の向上が求められています。

これについて委員からは「治療成績の具体的な目標を掲げて専門的な治療が行える態勢を作るべきだ」という意見や「厳しい治療によって生じる障害などを長期間にわたって診療できる態勢が必要だ」といった指摘が相次ぎました。そして、専門委員会は「患者を集めて専門的な治療を行う小児がんの拠点病院を整備すべきだ」という意見をまとめました。今後は拠点病院と地域の医療機関との連携などについて議論を進め、ことし8月までに報告書をまとめることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110609/k10013409801000.html



子どもが亡くなる病気で最も多い小児がん・・・
( ̄ー ̄?).....??アレ??

子どもの死因ベスト5.jpg
http://www.kodomo.bz/byouki/sibogennin.asp

子どもの死因1位は、小児がんじゃないですけど・・・

あっ!そうか!今後ガン患者が増えても、元々1位だったし。って言えるもんね
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!

この時期に、この様な行動。
端から政府は、今後チェルノブイリの様に、小児ガンが激増すること見据えていたのでしょう。

そんな中、未だに
「人体への影響100ミリシーベルトが目安」「喫煙や飲酒のほうが心配」 
by東大放射線科・中川恵一准教授(The 御用学者)


なぜ政府は、事後の対策ばかりで、子どもを小児ガンの危険から遠ざける努力をしない?
今、まさにすべきだろ!

隠される原子力・核の真実


子どもたちを放射能から守るために子どもたちを放射能から守るために
菅谷昭

亜紀書房 2011-05-31
売り上げランキング : 152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 19:54 | Comment(0) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。