ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年06月10日

プルトニウム(放射能)が、60数年後も体内で放射線を発している内部被曝の証拠撮影

プルトニウム(放射能)が、60数年後も体内で放射線を発している内部被曝の証拠撮影

被曝から60年以上経った、今でもなお、骨や腎臓の細胞から放射線を出し続けている様子

長崎で被曝した人の細胞から出ている「2本の黒い線」=放射能
骨や腎臓の細胞から放射線を出し続けている様子.jpg


細胞から伸びる2本の黒い線が放射線だ。
 被爆者は一般に強い放射線を浴びたことによる外部被爆が問題とされる。
 今回、放射性物質を体内に取り込んだことによる内部被曝もまた、確実に起きていることが明らかにされた。

 研究グループは、すでに死亡した7人の被曝者について大学に保管されていた組織を特殊な方法で撮影。
 その結果、「死の灰」が細胞の中で出す放射線を黒い線として映し出すことに成功。

 被曝から60年以上もたった今もなお、骨や腎臓などの細胞の中で放射線を出し続けている様子をとらえたのは世界初だ。

 さらに重大なのは、放射線の分析からこの「死の灰」の成分が原爆の原料であるプルトニウムであると確認されたことだ。
 半減期が何万年にも及ぶプルトニウムを環境中に放出することがどれほど危険なのかを物語っている。

内部被曝は長い間少しずつ体を傷つけている.jpg

"死の灰"の放射線 世界初の確認



プルトニウムの半減期=24,000年

内部被曝によって、体内に蓄積された放射性物質は、永遠に貴方の体を少しずつ、破壊していく

一回の被曝によって遺伝子に傷.jpg

遺伝子に傷.jpg

朽ちていった命―被曝治療83日間の記録

原爆から60年、今なお、多くの人間を苦しめている現実と、今回の事故により多くの国民を危険に晒し続けている現実を無視して、まだ新たな原発を造ろうとしている政治家どもに心はないのか?
赤矢印.gif早くも新しい利権に群がり始めた議員たち「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」

【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 19:16 | Comment(1) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
静岡ですが、放射線量は0.15μSv/hあり、全身に刺すような痛みや痒みがあります。静岡県のお茶からセシウムが検出されたそうですが、大変恐ろしい事態となってしまいました。暫くは国内産の物は口にしたくは無いです。震災以前から静岡県は何故か放射線量が若干高かったですが、量子ビームを農産物への品種改良目的で照射する実験等が行われていたらしいです。
Posted by ガイガー at 2011年06月11日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。