ブログ引越しました
新:http://hibi-zakkan.sblo.jp/


-----------------

2011年06月13日

【終りの始まり】高速炉もんじゅ落下装置引き上げは工学的無理【やっぱり福井原発よりヤバイ】


【終りの始まり】高速炉もんじゅ落下装置引き上げは工学的無理【やっぱり福井原発よりヤバイ】


高速炉もんじゅ落下装置引き上げに工学的無理

福島第一原発事故の影響もあって福井県敦賀市にある高速増殖原型炉「もんじゅ」の運転も廃炉も出来ない惨状に関心が集まっています。そして、重量3.3トンもあり落下したままになっている炉心中継装置の再引き上げが来週にも実施されそうですが、昨秋の失敗に続いて今回も不可能ではないかとの工学的疑問を投げかけておきます。これで失敗したら東の福島に西の福井と、長年にわたり尾を引く原子力の厄介者を東西に抱え込む事態になります。
-------------------------------------------------------

 話の見通しを良くするために簡単なモデルを考えます。
スリーブは段差がない直径500ミリ、建設時の蓋側の穴は片側0.1ミリのすき間があるとして500.2ミリ、
中間段差部は最上部の室温より50度プラス、最下部の原子炉側は室温プラス200度とすれば、
スリーブと蓋の穴の直径は鋼材の膨張を考えると現在、以下のようになっています。
高速炉もんじゅ落下装置引き上げに工学的無理.jpg

           温度   スリーブ直径  蓋の穴直径   
スリーブ頂部    室温     (500.0ミリ)    (500.2ミリ)    
中間段差部   +50度     500.3ミリ     500.5ミリ      
最下部      +200度    501.2ミリ     501.4ミリ

スリーブ最下部を引き上げていけば、中間段差部に到達する以前に
蓋の穴より直径が大きくなって抜けなくなります。
もしスリーブだけ抜いていくのなら時間を掛けて温度が周囲の穴の温度まで下がるのを待つ手があります。
しかし、スリーブは炉心中継装置を抱いていて、
装置の下部は液体ナトリウムに浸かっていますから200度以上の高温は絶えず伝わってきます。
スリーブと蓋の穴の間に最初からコンマ何ミリものすき間があれば抜けますが、
アルゴンガスを封じ込める機能を考えれば、すき間はずっと小さく造られた可能性が高いとみるべきでしょう。

http://news.livedoor.com/article/detail/5625269/


どういうことかというと、

要するに、増殖炉として使うことも、廃炉にすることも出来ず、
今まで同様に


維持費に毎日5000万の税金が永遠に必要。ってこと


簡単に説明すると

部品が炉の中に落ちちゃった
↓↓
炉の中300℃で部品膨張
↓↓
大きくなって、抜けなくなっちゃった、てへ (๑≧♉ฺ ≦)テヘッ
↓↓
廃炉しかないけど、中に燃料棒あるから永遠に冷やさないとダメだ
(´・ω・`)ウーン、コマッタ

つまりこういうこと↓↓↓



「こんなに危険な原子炉が、そんなに簡単にダメになるわけないだろ!」と

お思いのア☆ナ☆タ (´∀`*)ウフフ
↓ ↓ ↓
↓ ↓ ↓

シリンダー通常の6割程度の強度

原子力機構によると、発電機の分解点検時に、シリンダーのふたを止めるボルトを引き上げる作業中、メーカーの作業員が油圧計をつけずに過大な圧力をかけたため、シリンダーがひび割れした。また、昭和62年から平成元年のシリンダー製造時に材料に鉛が混入したため、通常の6割程度の強度しかなかったことも判明。同じ発電機で他の4本の強度が不足していた

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000629-san-soci

こんなレベルだよ (VーV) フフ

動かない、動かせない「もんじゅ」―高速増殖炉は実用化できない



そ☆し☆て

過去にあった、もんじゅでの事故といい、すでに2人死んでる事といい
もんじゅのヤバさは、福島原発の比じゃないよ (๑≧♉ฺ ≦)テヘッ
↓ ↓ ↓ ↓
福島原発よりヤバイ、高速増殖炉「もんじゅ」の本当の実態と担当課長の死
ビックリしてチビるよ。

ラスボスもんじゅは本当に地獄だよ♡



【東北地方太平洋沖地震の最新記事】
posted by ポプリン at 06:22 | Comment(1) | 東北地方太平洋沖地震 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もんじゅの落下装置引き上成功、みたいなニュースをさらっと流しているのをTVで目撃しました。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110626/dst11062608440002-n1.htm

はぁ!?奇跡に近い事ではなかったの!?
この期に及んで、原子力推進派の様な組織がでっち上げた嘘の様に思えてしまう。

真相をを追及して頂けませんか?
いろいろネットで探しても、「よかったね〜」くらいしか見つけられなくて…。

…他力本願で申し訳ない。

Posted by ばう at 2011年07月27日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered By 我RSS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。